奄美の瀬戸内町:子どもが喜ぶ水中観光船がおすすめ!

今回は、奄美最南端の瀬戸内町で出来るアクティビティ、水中観光船の乗り方や乗った感想です!
また、水中観光船以外の瀬戸内町で寄りたいスポットもご紹介します。

目次

せとうち海の駅の水中観光船は子連れにおすすめ!

今回ご紹介する瀬戸内町は、奄美大島の最南端にあります。
加計呂麻島などの島々も瀬戸内町に属します。
せとうち海の駅がある古仁屋港は、加計呂麻島などに行く船があります。

古仁屋港からは、水中観光船が出ており、美しい奄美の海の中が船に乗って見られます。
また、瀬戸内では本マグロの養殖をしているので、観光船を楽しんだ後は新鮮で美味しいお刺身が食べられますよ!

おにゃんこぽん

水中観光船は子ども連れに大人気です!

せとうち海の駅ってどんなところ?

せとうち海の駅は、瀬戸内町最南端にある古仁屋港にあります。
観光案内所や離島に行くフェリー乗り場が併設されています。

入り口に、足湯…??と思いきや、熱帯魚がたくさんいます。
足元に熱帯魚…なかなか斬新ですよね?笑
私は最初驚きました 笑。


1階には、新鮮な魚介類の販売所や特産品のお土産コーナーがあります。
帰りに色々寄ることが多いので、生モノはなかなか買えないのですが、こちらのお魚とても美味しいそうですよ!
お土産コーナーはあまり見ないものもあるので、いつも何かしら買っています。
手作りジャムが美味しいです。
以前行ったときは、奄美オリジナルガチャガチャがありました。

2階は、広めのキッズスペースとレストランがあり、フェリーの待ち時間を有効に使えます。
こちらのキッズスペース、大型遊具があって長男のお気に入りです。いくらでも遊んでいます。

せとうち海の駅

  • 駐車場 2時間まで無料
https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3518.0377892771817!2d129.30674101462213!3d28.145337782612614!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x351e2d39b7f93f3f%3A0x18cfc9621663eedc!2z44Gb44Go44GG44Gh5rW344Gu6aeF!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1606190994277!5m2!1sja!2sjp

水中観光船「マリンビューワーせと」に乗船!

せとうち海の駅の入り口左横に、チケットの販売所があります。
船の乗り場は、チケット売り場がある建物の左にあります。

こちらの船は半潜水船で、半分は水面より上に出ています。

魚がたくさん見えるポイントに着くまでは、デッキで過ごします。

おにゃんこぽん

船が進むと風が気持ちよく、きれいな景色が楽しめました!


ポイントに着くと地下に階段で降りるように指示がありました。

間近に見える魚たちに息子は大喜び!!
「くまもみ!くまもみ!(クマノミのことです。)」と指を指していました。

あっという間の35分間の遊覧でした!
小さな子はシュノーケルが難しいので、水中観光船で奄美の魚たちが見せてあげられて良かったです。

料金

  • 大人 2,500円
  • 子供 1,250円

運行時間

  • 1便 09:30
  • 2便 10:30
  • 3便 11:30
  • 4便 13:30
  • 5便 14:30
  • 6便 15:30
  • 7便 16:30

定員がいっぱいになる可能性があるので、事前の電話予約がおすすめです。
また、天気や海の状況により欠航したり、出港時間を変更することがあるそうです。
気候が心配なときは出発前に電話で確認するのが安心です。

水中観光船の予約先

カケロマリゾート
営業時間 8:30~17:30(年中無休)

ランチもここで!せとうち海の駅シーフードレストラン

ランチもせとうち海の駅の二階レストランでいつも食べています。
オーシャンビューで海鮮ものがとにかく新鮮
奄美漁港付近で食べるマグロはとても美味しいですよ。

奄美の刺身醤油は少しトロッとした甘い味です。
本土の醤油の感覚で食べるとびっくりするかもしれないので、注意してくださいね!
私たち夫婦はこの甘いお醤油が気に入り、刺身醤油はいつも奄美の味になりました。

島のお造り定食1200円
本マグロのお造り定食1600円
やはり海鮮丼などの海鮮系がおすすめです。

観光船に乗った後にいつも行くお気に入りスポット

水中観光船に乗って、腹ごしらえをした後は、瀬戸内のきれいなビーチで遊んで帰るのが我が家定番コースです。
ぜひ寄っていただきたいスポットをご紹介します。

穏やかな優しいビーチ ヤドリ浜

ヤドリ浜は波があまりなく、遠浅で穏やかな海です。なんだかいつまでも眺めていられるような落ち着いた海で、私は奄美の海の中で一番好きです。
対岸に見えるのは加計呂麻島です。

穏やかで浅いので、子どもとの海水浴におすすめです。足元は危ないので、マリンシューズは必須です!

更衣室、水シャワー、トイレがあります。
温水はありませんが、個室になっていて着替えやすいですし、とても便利です。

ヤドリ浜

  • 駐車場 あり
  • トイレ、シャワー あり

丸石だらけの荒波 ホノホシ海岸

ヤドリ浜に行く途中、左に行くとホノホシ海岸、右に行くとヤドリ浜という二手に分かれる場所があります。
ホノホシ海岸を見てから、ヤドリ浜で海水浴という流れがいいと思います。
ホノホシ海岸は波が荒く海水浴には向かないのですが、観光スポットとして有名です。

ホノホシ海岸の特徴

  • 荒波で出来た丸い石ばかりの海岸
  • 石は持ち帰り厳禁
  • 持ち帰ると災いが降りかかるという言い伝えがある
  • 波が引くとき、石が擦れて「カラカラ」と音が聞こえる
  • 朝日がきれいなスポット


あんまりお天気が良くない時は荒波がちょっと怖いかもしれませんね。

ホノホシ海岸

  • 駐車場 広ーい公園があります。無料
  • トイレ あり

美しい景色を一望 マネン崎展望広場

マネン崎広場はヤドリ浜行く通り道にあります。下のマップの写真を参考にしてくださいね。

マネン崎展望広場は小高い場所にあって、大島海峡を一望出来ます。
対岸には加計呂麻島が見えますよ。

きれいな景色を眺めながら、穏やかな時間が過ごせます。
私が瀬戸内に行く時はいつも曇りがちなのですが、お天気が良かったらとってもきれいなんだろうなと思います。

マネン崎展望広場

  • 駐車場 あり

瀬戸内町へのアクセス

瀬戸内町までは車で名瀬市街地から1時間奄美空港から1時間40分です。
ややぐねぐねした山道を行く感じです。
基本的に一本道ですので、道はわかりやすいです。
山道ですが道路は整備されていて、運転に特に不便はありません
集落の中を通るので、徐行が必要なところも多いです。
クロウサギが飛び出してくることもあるので、過って轢いてしまわないように注意の看板が出ています。
名瀬市街から距離はありますが、運転初心者の私でも問題なく瀬戸内に行けました。

まとめ 瀬戸内町観光ポイント

名瀬市街から瀬戸内町はやや距離があるイメージですが、問題なく日帰りで行って来られる距離です。

  • 古仁屋港のせとうち海の駅でランチや買い物
  • 水中観光船に乗る
  • きれいなビーチに癒される

名瀬への帰りがけに、住用のカヌーに乗るのもおすすめですよ!
カヌーの記事はこちらです。

日程に余裕があったら、奄美最南端の町にぜひ遊びに行ってみてくださいね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる